つもと歯科クリニック松原駅前

つもと歯科クリニック松原駅前

MENU

ブログ

Blog

新型コロナウイルスについて

世界中で感染拡大している新型コロナウイルスですが、コロナウイルスにはいくつも種類があり、風邪の1~3割はコロナウイルスが原因と言われています。 また、SARS(重症急性呼吸器症候群)やMERS(中東呼吸器症候群)もコロナウイルスが原因です。 今回の新型コロナウイルスは、人から人に感染し基礎疾患のある人は重症化する恐れがあります。 この新型コロナウイルスは、飛沫感染(咳やくしゃみ)や接触感染によって...

続きを読む

唾液の効果について

健康な人の1日の唾液分泌量は、1~1.5リットルと言われています。 唾液はそれぞれの構成成分が以下の機能を持っています。   1.消化作用 アミラーゼ(酵素)がデンプンを分解して体内に吸収しやすくする。 2.抗菌作用 細菌の増殖を抑える。 3.粘膜保護作用 ムチン(糖タンパク)が喉や食道を傷つけにくくする。 4.食塊形成作用 味を感じさせ、噛み砕いたり飲み込んだりしやすい塊にする。 5....

続きを読む

乳歯が生えてくる時期と順番について

乳歯は生後6ヶ月~2歳半の間に20本生えてきます。   1.6ヶ月頃に下の前歯(乳中切歯)が2本生えてきます。 2.10ヶ月頃に上の前歯(乳中切歯)が2本生えてきます。 3.1歳頃にさらに上下の前歯(乳側切歯)が4本生えてきます。 4.1歳半頃に最初の奥歯(第一乳臼歯)が4本生えてきます。 5.2歳頃に前歯と奥歯の間の歯(乳犬歯)が4本生えてきます。 6.2歳半頃に奥歯(第二乳臼歯)が4...

続きを読む

しっかりと噛んで食事することの大切さについて

食生活の変化によりファーストフードや柔らかい食べ物が増え、昔に比べると食事の際に噛むことが減ってきていますが、しっかりと噛んで食事することは全身に様々な効果があると言われています。   1.肥満の防止 よく噛むことで、満腹中枢が刺激され、満足感が得られ、過食が防止されます。 2.味覚の発達 よく噛むと、素材そのものの味がよくわかり、味覚の発達につながります。 3.言葉の発音がしっかりする...

続きを読む

子供用の歯磨き粉について

「つもと歯科クリニック松原駅前」では、子供用の歯磨き粉「チェックアップジェル バナナ」と「チェックアップコドモ アップル」をご用意しております。   「チェックアップジェル バナナ」は、1~3歳のお子様にお勧めしております。フッ素濃度が500ppmで、研磨剤が無配合なので、うがいの出来ない小さなお子様でも安心して使用できます。使用量の目安は、1~3歳は約3mmです。 「チェックアップコド...

続きを読む

乳歯の歯並びについて

乳歯列は2歳半頃までに20本の乳歯が生えそろい完成します。 完成した乳歯列は、通常歯と歯の間に霊長空隙、発育空隙という隙間が生じます。 この隙間は永久歯が生えてくるために必要な隙間です。 「すきっ歯」のように見えますが、乳歯と永久歯のきれいな交換のために必要な隙間です。 乳歯列が隙間なく生えてきた場合、永久歯が重なって生えてくる可能性が高くなります。   乳歯はいずれ生え変わるものですが...

続きを読む

知覚過敏について

知覚過敏とは、歯の内面の象牙質がむき出しになり、冷たい飲み物などの外部からの刺激が歯の神経に伝わり、瞬間的に鋭い痛みを感じる状態です。 原因は、間違った歯磨きや歯周病、食いしばりや歯ぎしりにより、歯の表面のエナメル質が削られ、象牙質や歯根がむき出しになってしまうことです。 20~50歳までの人が最も多く知覚過敏を患っていると言われています。 歯磨きをすると歯がしみる場合、その部分の歯磨きがおろそか...

続きを読む

ホワイトニングについて

「つもと歯科クリニック松原駅前」では、歯のホワイトニングを行っております。 歯の型どりを行い、患者さんに合わせたホワイトニング用のマウスピースを作製し、専用の薬剤をマウスピースに注入し装着することで歯を白くする方法です。 ご自宅で1日3時間程度装着し、2~3週間継続すると歯の白さを実感できるようになります。 当院で行うホワイトニングは、歯の内部から漂白していくので後戻りがしにくく、綺麗で自然な白さ...

続きを読む

口臭について

口臭とは、口を通ってくる気体の中で不快な臭いのするものの総称です。口臭のほとんどは口に由来すると言われており、起床時や空腹時に強くなり日内変動します。 口臭は誰にでもありますが、通常は唾液の働きや歯磨きにより口の中は洗浄され、他人にわかる程の口臭は出ません。 しかし、歯周病や重度の虫歯、プラークが多く付着していると口臭が強くなります。 また、唾液の分泌が少ないと唾液の自浄作用や湿潤作用、抗菌作用が...

続きを読む

赤ちゃんへの虫歯菌の感染について

虫歯の原因となる虫歯菌は、実は生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には存在しません。 主に親の唾液中の虫歯菌が、食事中のスプーンやお箸などの共有により赤ちゃんに感染するのです。 また、熱い食事を冷ますために吹きかける息も虫歯菌が感染する原因になります。   虫歯菌が感染し始める時期は歯が生え始める生後6ヶ月頃で、特に感染しやすい時期は1歳7ヶ月~2歳7ヶ月です。 虫歯菌の感染の時期が早いほど...

続きを読む

1 2 3

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ