つもと歯科クリニック松原駅前

つもと歯科クリニック松原駅前

MENU

入れ歯

Denture

入れ歯とはAbout denture

入れ歯とは、歯を失ってしまった場合の治療法です。残っている歯があり、それを支えにする場合は部分入れ歯、全ての歯を失った場合は総入れ歯による治療を行います。

入れ歯は、種類によっては見た目が好みと合わない、装着すると違和感がある、話しにくいなどの問題が起こることがあります。これらの問題が起きないよう、歯科医師と相談をしながら適切な治療法を選ぶことが大切です。

入れ歯の種類

様々な種類の入れ歯があり、入れ歯の種類によって見た目の自然さや装着感が変わります。

シリコン義歯(コンフォート義歯)
シリコン義歯(コンフォート義歯)

歯茎に局部的にかかりがちな負担を特殊なやわらかいシリコンがやさしく緩和します。シリコンが吸盤のように作用して、噛むときに発生する顎の横の動きにも抜群の吸着性を実現します。食事や会話の際にも入れ歯が外れにくくなり安定します。

詳しくはこちらをクリック↓
コンフォートバナー

マグネット義歯
マグネット義歯

入れ歯と残っている歯の両方に磁石を付けて入れ歯を装着します。磁石がしっかりとくっつくため、入れ歯が安定します。見た目が自然で、残った歯の根を利用できるので装着時の違和感が少ないです。

チタン床義歯
チタン床義歯

チタンを使った入れ歯です。チタンは体の中に入れることが出来るほど安全性の高い金属で、安心して長く使用できます。金属を使うので、入れ歯の厚みを薄くでき、違和感を少なくすることができます。

コバルトクロム床義歯
コバルトクロム床義歯

コバルトクロムを使った入れ歯です。コバルトクロムは入れ歯の素材として長い歴史があり、耐久性と快適性に優れています。金属を使うので、入れ歯の厚みを薄くでき、違和感を少なくすることができます。

ノンクラスプ義歯
ノンクラスプ義歯

樹脂で作られており、薄くて軽く弾力感があるため装着時の違和感が少ないことが特徴です。金属のばねを使わないので、見た目が自然で金属アレルギーの心配がありません。

レジン床義歯
レジン床義歯

歯科用プラスチックを使った入れ歯です。適用範囲が広くほとんどの症例に使用することができますが、入れ歯を支える金具のばねが目立ってしまうこと、強度を確保するためにプラスチックに厚みを持たせないといけないので使用時に違和感が出やすいです。

PAGE TOP